coccon

beach1

海を、こう抱えているようなかんじで

曲線に、あっちのほうに 白いホテルが建っていて

広い庭に、プールがあったり

人工的な、木が植えてあって

その、こっち側がプライベートビーチ

泳げる範囲が仕切られている

 

天気がすごくよくて、白い砂浜

砂自体が、すごく熱くて

おにいちゃんと、騒ぎながら

海に、はいって行ったのを憶えている

 

点々と、ベンチが置かれてあって

とおくに座っているひとが、ここから見える

 

パラソルを借りることができて、借りて

横になれるベンチを、こう

ふたつ置いて、まんなかにパラソルを立てた

 

 

 

 

すごい、きれいだったのを憶えているのだけど

はいるのが苦手で

「色が濃いところに行っちゃダメだよ」と

言われていたのもあって

 

レジャーシート、茣蓙、パラソル、クーラーボックス

ちいさい水槽が、ふたつ

その水槽に、弟が石とか

海辺のちいさい生き物をいれて、遊んでいる

 

サンダルを脱いで、海に

はいろうとするんだけど

なんか、足裏に なにかかんじる

で、やがて 微生物がいることに気がつく

波打ち際の、ちかくに

 

それがくすぐったくて、きもちわるいんだけど

なんかたのしくて

砂のなかに、手をいれて遊んでいた

つかれて、さいごは茣蓙のうえで

 

タオルケットをかけて、眠ってしまった

 

 

波打ち際で

東京から来た、おねえちゃんと遊んでいて

 

泥に埋まったり

泥のお城をつくったり

海はしょっぱくて、波もあるし

浮き輪をつけて、浮いていた

 

おとうさんは

得意げに、沖まで泳いでいくのだけど

 

それが下手くそに、見えて

かわいそうだな、と おもっていた

 

 

ホテルが、たくさん並んでいて

ショッピングモールもあるのを、背中に

すごく青くて、広い 海

 

地球って、まるいことを 思いだされるような

曲線の水平線

あまりにも青いのに、はいってみると

透明だったのが、不思議だった

 

海の底に、青が塗られている

と、おもっていたから プールみたいに

 

けれども、しょっぱくて

あまり、たのしめなかったのが ショックだった

 

海岸線が

まるく伸びているはずなのに

 

まっすぐ、歩いていたのはなんでなんだろう

back

©mum&gypsy cocoon